MENU

お知らせ・イベント情報

国民保養温泉地のご紹介

今回は、中部山岳国立公園の岐阜県圏内にある「国民保養温泉地」についてご紹介します。

平湯の湯

国民保養温泉地とは?

国民保養温泉地とは、温泉の公共的利用増進のため、温泉利用の効果が十分期待され、かつ、健全な保養地として活用される温泉地を「温泉法」に基づき、環境大臣が指定するもので、昭和29年から指定が始まり、令和元年10月現在では、全国で80箇所が指定されています。
国民保養温泉地として指定を受けるためには、下記の条件を満たしている必要があり、特に温泉の泉質が療養泉で湯量が豊富であり、自然環境、まちなみ、歴史、風土、文化等の観点から保養地として適しており、温泉療法医等と連携していることなどが求められます。

第1 温泉の泉質及び湧出量に関する条件

(1)利用源泉が療養泉であること。
(2)利用する温泉の湧出量が豊富であること。なお、湧出量の目安は温泉利用者1人あたり0.5リットル/分以上であること。
第2 温泉地の環境等に関する条件
(1)自然環境、まちなみ、歴史、風土、文化等の観点から保養地として適していること。
(2)医学的立場から適正な温泉利用や健康管理について指導が可能な医師の配置計画又は同医師との連携のもと入浴方法等の指導ができる人材の配置計画若しくは育成方針等が確立していること。
(3)温泉資源の保護、温泉の衛生管理、温泉の公共的利用の増進並びに高齢者及び障害者等への配慮に関する取組を適切に行うこととしていること。
(4)災害防止に関する取組が充実していること。
第3 温泉地計画の策定
(1)温泉地における温泉利用施設の整備及び環境の改善を図るため、環境大臣が国民保養温泉地ごとに「第2 温泉地の環境等に関する条件」に関する温泉地計画を策定すること。
(2)国民保養温泉地の指定を希望する地方公共団体は、住民、事業者等の意見を聴いて、温泉地計画の案を作成し、環境大臣に提出すること。

奥飛騨温泉郷は『国民保養温泉地』です!

平湯 足湯

奥飛騨温泉郷は、四季を通じ自然景観が優れた温泉地。100を超す数多くの源泉は湯量も豊富で古くから湯治場として栄えている等、国民保養温泉地の指定を受ける条件に当てはまっていることから、昭和39年に平湯温泉が単独で指定され、その後、昭和43年に他の4つの温泉地(平湯、新平湯、新穂高、栃尾、福地)を含めて、奥飛騨温泉郷として指定をされました。岐阜県では、奥飛騨温泉郷の他に、白川郷平瀬温泉が昭和55年に、小坂温泉郷(湯屋、下島、濁河温泉)が昭和58年にこの指定を受けています。

中部山岳国立公園の中に位置する温泉としては、下記になります。
岐阜県:奥飛騨温泉郷(平湯、新穂高の一部)
長野県:白骨温泉、有明・穂高温泉(一部)

国民保養温泉地全94か所中、半数近くが国立・国定公園内に存在するという事で、国立公園と国民保養温泉地は、相性の良い間柄のようです。

奥飛騨温泉郷の源泉数は100以上!総湧出量は27,766(ℓ/min)!!

ひらゆの森の分湯漕

平湯温泉

戦国時代 武田信玄の軍勢が飛騨に攻め入った際に、老猿(白猿)が湯だまりで傷を癒すのを見て入浴し鋭気を養ったとの白猿伝説があります。江戸時代には、北陸の大名が参勤交代の道中で疲れを癒したとも言われ、古くから名湯として名高いです。
白濁や茶色の濁り湯、硫黄泉、炭酸水素塩泉、硫酸塩泉、無色透明の単純温泉など。
日帰り温泉施設でも気軽に温泉を楽しめる。

湧出量:総湧出量 7.575ℓ/min
源泉名:富貴の湯(73℃)、あぼうの湯(60℃)、湯の平の湯(71℃)、ひらゆの森(68℃)他

福地温泉のひだ路前の温泉櫓

福地温泉

平安時代、村上天皇がおしのびで湯治に訪れていたとの伝説があり、その名残として「天皇泉」の名称があります。
無色透明の単純温泉、炭酸水素塩・塩化物泉など。宿泊施設には客室に露天風呂を備え付けているところや川沿いに貸切露天風呂を設えているところもある。公共浴場でも気軽に温泉が楽しめる。

湧出量:総湧出量 1.846ℓ/min
源泉名:天裕温泉(60℃)、三井金属1号線(70℃)他

新平湯温泉 松乃井(露天風呂)
新平湯温泉 温泉(松乃井露天風呂)

 新平湯温泉

元禄3年(1690年)、円空上人が訪れ、湯治をしながら約一年間逗留したと伝えられているなど古くから湯治場として栄えています。
宿泊施設の数が多く、大規模な旅館から民宿まで全ての宿に温泉がある。無色透明の単純温泉、硫黄泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉など。

湧出量:総湧出量 5.393ℓ/min
源泉名:岩見泉(65℃)、本田1号泉(65℃)、奥飛騨宝温泉協同組合3号泉(92℃)

栃尾温泉_荒神の湯
栃尾温泉の公共浴場 荒神の湯

栃尾温泉

川沿いに共同露天風呂や足湯などがあり、開けた景観で自然を感じながら温泉を楽しむことができる。
無色透明の単純温泉、硫黄泉など。

湧出量:総湧出量 3.550ℓ/min
源泉名:穂高3号線(73℃)

中尾温泉_源泉貯泉曹
中尾温泉街の分湯漕

新穂高温泉

新穂高温泉エリアの中には、中尾温泉エリアも含まれている。源泉の温度も高く、湯量も豊富。無色透明の単純温泉、硫黄泉、炭酸水素塩泉、塩化物泉など。
中尾温泉では、道沿いにたくさんの分湯漕が見られ、温泉の湯気が立ち上る温泉慕情を感じられる雰囲気が人気である。

湧出量:
〔新穂高地区〕総湧出量 7.384ℓ/min
〔中尾高原地区〕総湧出量 1.987ℓ/min
源泉名:中尾温泉1号泉(79℃)、蒲田3号泉(80℃)、奥飛観光開発2号(82℃)

温泉を気軽に楽しむには足湯がおすすめ!奥飛騨地域内に点在する足湯を紹介

平湯 足湯
【平湯温泉】温泉街の中心にある足湯
平湯 足湯
【平湯温泉】平湯民俗館の入り口にある足湯
平湯バスターミナルの足湯
【平湯温泉】平湯バスターミナルの足湯
福地温泉の足湯
【福地温泉】宿泊者限定の舎湯内の足湯
栃尾温泉の足湯
【栃尾温泉】蛍の湯
中尾高原「足洗いの湯」
【中尾温泉】足洗いの湯

国立公園内の国民保養温泉地は、誰でもがゆっくり楽しめる温泉地です。散策路や休憩所、足湯などが整備されているので、気軽に温泉にふれることができます。
日々の疲れのリフレッシュなどにご活用ください。

【参考サイト・文献】
環境省:https://www.env.go.jp/nature/onsen/area/
環境省受託者:国民保養温泉地協議会ホームページ((一社)日本温泉協会)https://www.spa.or.jp/kokumin_spa/about/
【画像提供】
奥飛騨温泉郷観光協会:https://www.okuhida.or.jp/
ひらゆの森:http://hirayunomori.co.jp/
株式会社結

第2回 飛騨高山学会を開催します

 岐阜県中部山岳国立公園活性化推進協議会では、(一財)飛騨高山大学連携センターと飛騨・世界生活文化センター指定管理者飛騨コンソーシアムと連携して第2回 飛騨高山学会を開催します。

 自然分科会では、地元、岐阜県立斐太高等学校、岐阜県立飛騨高山高等学校の生徒や、岐阜大学をはじめ、様々な大学や研究機関が、岐阜県の中部山岳国立公園及びその周辺地域をフィールドに、調査、研究、開発を行った成果について発表します。

 学会当日は地元の高山市立北稜中学校の全校生徒が合唱で皆様をお迎えいたします。また、発表の様子はYoutubeでライブ配信をしますので、遠方の飛騨山脈ファンの皆様はどうぞご覧ください。(YouTube配信について詳しくはチラシをご覧ください)

※学会の参加には、事前申し込みが必要です。

*詳細*

■主催:一般財団法人 飛騨高山大学連携センター
■開催日:令和2年12月5日(土)
■時間:13:15~18:00
■会場 :飛騨・世界生活文化センター(岐阜県高山市千島町900番地1)

◇申し込み方法◇
令和2年12月3日までに電話、FAX、またはメールで参加者の氏名、住所、連絡先(電話番号、メールアドレス)をお知らせください。

【お申込み・お問い合わせ】
一般財団法人 飛騨高山大学連携センター 岐阜県高山市千島町900番地1
TEL:0577-57-5366 FAX:0577-57-5377
mail:hidatakayama@renkei-center.jp

詳しくはこちら~繋がるキャンパス~飛騨高山学会について

飛騨大鍾乳洞のご紹介

中部山岳国立公園の中でも岐阜県圏内にある観光施設やイベントなど
様々な「中部山岳国立公園」の魅力をご紹介します。


 中部山岳国立公園の岐阜県側の南端に位置する乗鞍岳のふもと、岐阜県高山市丹生川町の飛騨大鍾乳洞をご紹介します。

標高900m!日本一高い場所にある観光鍾乳洞

画像提供:飛騨大鍾乳洞

 飛騨大鍾乳洞は、飛騨高山と奥飛騨温泉郷の中間に位置し、全長約800mにも及ぶ見どころ豊富な国内屈指の観光鍾乳洞です。標高900mという、観光鍾乳洞としては日本一高い場所に位置し、洞内の通年平均気温は約12℃とひんやりしていて真夏には絶好の避暑スポットとしても地元で愛されています。


鍾乳洞のでき方を解説

1.鍾乳洞は石灰岩でできている場所にしかできない!

 鍾乳洞ができる場所は、石灰岩という岩石でできている場所に限られます。
石灰岩は、主に大昔の生物の殻など炭酸カルシウムが堆積してできた岩石のことで、海で堆積してできた石灰岩が地殻変動によって隆起してきた場所で鍾乳洞は形成されます。

2.雨水が石灰岩を溶かす

 雨水には空気中の二酸化炭素が含まれていて、弱酸性です。(二酸化酸素は酸性)
この弱酸性の雨水が石灰岩の土地に降ると、石灰岩の主成分である炭酸カルシウムを溶かして地下へ染み込んでいきます。水が地下に染みこむ際、土壌内の空気からまた二酸化炭素を取り込み、尚且つ、地下になればなるほど圧力がかかり二酸化炭素が溶けやすくなるという感じで、地下水は地上の河川に比べて多くの二酸化炭素が溶けているので、より酸性になり、それに伴って石灰岩もどんどん溶けていきます。

3.浸食により洞窟出現!

 地表の水が断層沿いに地中に染み込み、集まって地下に溜まる。その地下水が流れ、地下水脈になると、その周りの石灰岩を溶かしていくので空洞ができます。空洞が大きくなり、周りと連結してより大きな空洞となり洞窟になります。
さらに、地下水脈の流量が多くなると、周りの砂利や砂も巻き込み、さらに浸食が進む。空洞同士が繋がったり空洞の天井が崩れて穴があいたりしながら、横方向や下方向に向かってどんどん空洞が広がっていきます。こうしてゆっくりゆっくり数万年以上の時間をかけて鍾乳洞ができあがります。

4.鍾乳石って?

 洞窟の中で、天井から染み出してきた炭酸カルシウムを多く含んだ水から二酸化炭素が抜け、滴となって落ち、再び石灰質の岩石を作ります。炭酸カルシウムが沈殿してできたものを鍾乳石といいます。
天井から垂れ下がるように成長したものを「つらら石」、つらら石を伝って床に落ちた水滴がタケノコ状に堆積したものを「石筍」、長い年月によってつらら石と石筍が柱状につながったものを「石柱」といいます。

※下記参考文献より
・洞窟サイエンス編集委員会,子供の科学サイエンスブックどうしてできるか?なにが存在するのか?洞窟の不思議とそこに生息する生き物たち,誠文堂新光社,2009
・徳富一光,しょうにゅうどう探検,あかね書房,1980
・地学団体研究会『シリーズ・自然にチャレンジ』編集委員会,シリーズ・自然にチャレンジ6ぼくらの洞くつ探検,大月書店,1987

飛騨は昔、海だった!

 日本列島に分布している石灰石の多くは、今から2~3億年ほど前に海の底でできたものであるということなので、そこからも分かるように、飛騨は、昔、海の底だったんですね。
飛騨大鍾乳洞は、そんなはるか遠い昔々の、この地の歴史が分かる貴重な施設です。人知れず何万年もの膨大な年月をかけて形成された神秘の洞窟を気軽に楽しめるのが魅力です。

画像提供:高山市観光情報

 飛騨大鍾乳洞は、昭和40年に発見され、学術的にも極めて珍しく日本では、この鍾乳洞でしか見ることが出来ない、左右にねじれながら垂れ下がっている「ヘリクタイト」と呼ばれる鍾乳石を見ることができます。

ヘリクタイト  画像提供:飛騨大鍾乳洞

洞窟環境を活用!日本酒・焼酎・ワインを低温貯蔵

画像提供:飛騨大鍾乳洞

 洞窟内をまるで探検のように進んで行くと、突如として立派な貯蔵庫に遭遇します。年間を通して安定した気温を保つ洞内環境を利用して、洞窟内にて日本酒・焼酎・ワインを低温貯蔵しています。低温で長期貯蔵すると、まろやかになり、一味違ったお酒がお楽しみいただけるそうです。お土産品としても喜ばれています。

盗まれた金塊を展示

戻ってきた金塊  画像提供:飛騨大鍾乳洞

 飛騨大鍾乳洞には「大橋コレクション館」が併設されています。
飛騨大鍾乳洞の発見者である「故・大橋 外吉」氏が集めた約1000点にも及ぶ世界の美術品、装飾品などが展示され、展示品の中には2007年当時全国を騒がせた金塊盗難事件の金塊のレプリカと、バーナーで溶かされた実物の金塊もあり、こちらの施設の目玉となっています。


飛騨大鍾乳洞のイベント~氷の渓谷~

画像提供:高山市観光情報

 木々に谷の水をかけて凍らせた「氷の渓谷」。高さ30mにもなる氷柱はまさに圧巻。蒼白く輝く氷柱は美しいの一言に尽きます。期間限定のライトアップもお楽しみいただけます。

【開催時期】1月上旬~3月上旬
【開催時間】午前9時00分 から 午後4時00分 まで
【氷の渓谷ライトアップ】 日没~午後8時00分

営業案内

営業日:年中無休 
営業時間:4月~10月:8:00~17:00、11月~3月:9:00~16:00
料 金:大人(高校生以上)1100円、小人(小・中学生)550円
駐車場:無料

※営業時間等の詳細・イベントの開催情報等は、飛騨大鍾乳洞のHPにてご確認ください。飛騨大鍾乳洞

乗鞍美化の会が「小さな親切」実行章を受章されました!

 

 令和2年11月12日(木)「小さな親切」実行章贈呈式
(於:高山グリーンホテル)

 乗鞍美化の会は、大自然の風景地である乗鞍岳一帯の環境を保護し、もって国民の保健休養及び教化に資することを目的に、昭和60年6月に発足し、これまで外来種駆除や登山道整備など乗鞍岳の自然環境保護、美化活動を継続して実施してきました。

 この度、これまで同会が行ってきた活動に対して、心温まる行為であるとして、公益社団法人「小さな親切」運動岐阜県本部及び同運動本部から、実行章が贈呈されました。


【お問合せ先】
乗鞍美化の会事務局

高山市丹生川支所地域振興課
TEL:0577-78-1111
FAX:0577-78-2011

乗鞍岳周辺のアクティビティのご紹介

中部山岳国立公園の中でも岐阜県圏内にある観光施設やイベントなど
様々な「中部山岳国立公園」の魅力をご紹介します。

 中部山岳国立公園の南端に位置する乗鞍岳。その乗鞍岳のふもと、高山市丹生川町では乗鞍岳登山、五色ヶ原トレッキング、スキーなどのアクティビティが豊富。今回は飛騨ほうのき平スキー場と天然温泉、飛騨にゅうかわ温泉宿儺の湯の魅力をお伝えします!


飛騨ほおのき平スキー場

ほおのき平スキー場

乗鞍岳から北西に位置するスキー場「飛騨ほうのき平スキー場」

 標高1,250~1,550m、高山市最大の面積を誇る91ヘクタールの広大なゲレンデで極上のパウダースノーを思う存分満喫できることでとても人気のスキー場です。

 営業期間は積雪の具合により異なりますが、通常の場合は12月-3月下旬までとなります。オフシーズンはゲレンデを利用し、夏はひまわり園、秋はコスモス園が開園します。スキー場が一面、夏はひまわりの黄色でいっぱいに、秋は色とりどりのコスモスに彩られ、こちらも圧巻の見ごたえのある絶景となって訪れる方々を魅了しています。

天空のひまわり園
コスモス園

山頂付近での楽しいアクティビティー

 飛騨ほおのき平スキー場は山頂付近でのアクティビティーが充実しています。スキーを楽しみたい方も、乗鞍岳白山連峰の眺望を楽しみたい方も、そして両方楽しみたい方にも大満足なアクティビティーがそろっています。

・スノーラフティング(約30分)

 山頂までリフトで登り、スノーラフティングで雪山をクルージング。
雪しぶきを浴びながら白樺の間を走り抜けスリル満点!
約30分のお手軽雪遊びコースです。

・よくばり雪山ハイク(約90分)

 スノーラフティングでスリルを味わった後、新雪の雪山をスノーシューでガイドさんの説明の元ハイクするイベントです。360度のパノラマビューが最高!!ガイド付きなので初めての方でも参加できます。

・山頂スノータクシー

 スノータクシー(専用そり6人乗り)にお客様を乗せて運行する、新しいアクティビティです。毎日運行!一日券、半日券、シーズン券でも乗れ、山頂まで運んでくれるので雪山の絶景を楽しみながら上質なパウダースノーを満喫できます。

※令和2年度の実施については、各HP等にてご確認ください。http://www.hounoki-daira.or.jp/event/


心も休まる癒しのロッジが充実


 飛騨ほうのき平スキー場にはロッジが全部で8店舗、最大1510名収容可能です。レンタルはもちろんのこと、地元でとれる自慢の食材を材料にしたお食事メニューや、地元の人気の郷土料理、そしてスキーやアクティビティで疲れた体もほっと休まる温かい人気の定番メニューもそろっています。

 中にはインターネット環境が整っているロッジ、天然温泉に入れるロッジなど、ワーケーションにももってこいな設備を備えているところも人気の理由の一つとなっています。

※コロナウィルスの影響による営業状況に関しては各HP等にてご確認ください。http://www.hounoki-daira.or.jp/lodge/

雪山でスキーを楽しんだ後は宿儺の湯で湯ったりあったまる


 宿儺(すくな)の湯は、ほおのき平スキー場内の宿泊施設「ジョイフル朴の木」にオープンした天然温泉です。北アルプス乗鞍岳山麓地下1,000mから湧出する天然温泉で、飛騨地方に広く伝わる伝説の人物、両面宿儺が丹生川町から出現したことから名づけられた温泉で、泉質は主にナトリウム炭酸水素塩温泉の、とろんとした肌触りが特徴の名湯です。

 両面宿儺とは、五世紀初葉、仁徳天皇の時代に飛騨の高山市丹生川町に現れたとされる異形の人、鬼神であるといわれています。日本書紀によると五十人力(をほこる武人)であり、頭の前後に二つの顔があり、四手四足だったとされています。日本書紀においては山賊まがいの悪党だったと伝えられていますが、ここ飛騨地方では毒龍退治や寺院の開基となった豪族であるとの逸話も残されています。

ちなみに「宿儺」という文字には「悪いものを追い払う」という意味が込められています。

宿儺の湯

 露天風呂は四季を通して雄大な風景が望め、夜には空一面に広がる星空を眺めながらの入浴は格別です。2階、3階の展望大浴場からは、夏には元気いっぱいなひまわりの黄色で埋め尽くされたゲレンデ、秋には赤や白の可憐なコスモス、冬には白銀のゲレンデを見ながら入浴できます。一年を通して四季折々の表情を見せてくれる広大なゲレンデを見ながらの入浴は疲れた心も体もほっと癒してくれます。


飛騨ほうのき平スキー場HP:http://www.hounoki-daira.or.jp/index.php

宿儺の湯 ジョイフル朴の木HP:https://norikoku.com/joyful/sukuna/index.html

※画像提供:高山市観光情報

サスティナブルツーリズム研修会のお知らせ

 サスティナブルツーリズムとは、「持続可能な観光」という意味で、観光地本来の姿を持続的に保つことができるように、観光地の開発やサービスのあり方を見定め旅行を行う概念です。地域の文化や自然環境に配慮し、本物を体験し味わうことなどを通し、観光地に住む住民と観光客とが相互に潤うことが重要との考えが生まれてきました。この度、「国立公園にある地域資源を活用したツーリズムの構築」をテーマにサスティナブルツーリズム研修会を開催いたします。この機会に是非ご参加ください。


*詳細*

■主催:飛騨・高山観光コンベンション協会
■開催日:令和2年12月4日(金)
■時間:13:30~15:30
■場所:ひだホテルプラザ
※参加無料(先着100名)

参加申込書 [PDF]
 ご記入後、FAXまたは郵送にてお申し込みください。

【申込期限】
11月26日(木) 17:00まで

【FAXでお申し込み】
飛騨・高山観光コンベンション協会 宛
FAX(0577)36-0091

【郵送でお申し込み】
〒506-0011 高山市本町1-2
飛騨・高山観光コンベンション協会 宛
TEL(0577)36-1011


 

 

 

乗鞍山麓五色ヶ原の森のご紹介

ここでは、中部山岳国立公園の中でも岐阜県圏内にある観光施設やイベント、生態系など様々な「中部山岳国立公園」の魅力をご紹介していきます。

20万年の昔から手つかずの自然が見られる五色ヶ原

 「五色ヶ原の森」は、中部山岳国立公園の南端、北アルプス乗鞍岳の北西山麓に広がる森林地帯です。約20万年から30年前に乗鞍岳が噴火し溶岩が流れ出したことによって、3,000ヘクタールものこの広大な森林地帯は誕生しました。

 五色ヶ原の森には、手つかずの貴重な自然が多く残されているほか、雄大な滝や池、渓流などの景観が多く点在しています。

 この手つかずの自然の美しさから森の妖精に出会えるという噂もあるほどの秘境の森なのです。

続きを読む

「奥飛騨温泉郷湯ったりフォトウォーキング」のご案内

「奥飛騨温泉郷湯ったりフォトウォーキング」を開催します!

 県では、中部山岳国立公園及びその周辺地域の活性化を目的として、平成30年度に県、高山市及び地元関係者などで構成する岐阜県中部山岳国立公園活性化推進協議会(会長 高山市長)を設立し、行政と地元が一体となって魅力発信のための事業を進めているところです。
 この度、雄大な自然や豊富な温泉を有する晩秋の奥飛騨温泉郷を歩いて散策し、写真を撮影しながら、同地域の自然や温泉、食文化等を体感していただくフォトラリーイベントを開催しますので、この機会に是非ご参加ください。

続きを読む

乗鞍スカイラインのご紹介

中部山岳国立公園の中でも岐阜県圏内にある観光施設やイベントなど
様々な「中部山岳国立公園」の魅力をご紹介します。

中部山岳国立公園の岐阜県側の南端に位置する乗鞍岳

 日本百名山のひとつ乗鞍岳は、北アルプス(飛騨山脈)の南端に位置し、剣ヶ峰(3026m)を最高峰に、23の峰と7つの湖、8つの平原からなる中部エリアを代表する名山です。乗鞍岳は、乗鞍スカイラインを利用して、標高2,700mの畳平まで公共交通機関でアクセスすることができます。

 乗鞍スカイラインは高山市平湯峠から乗鞍岳畳平を結ぶ延長14.4キロメートルの山岳観光道路。山々のピークを避けながら緩やかなカーブが続くワインディングロードで、遠方には穂高連峰を望むことができます。日本一の高度を走ることのできる雲上のスカイラインとしても名高く、景観も格別です。

続きを読む
Skip to content


上へ戻る