MENU

日本最古の化石が発見された、日本有数の化石産地「福地」

奥飛騨温泉郷にある温泉地の一つ、秘湯「福地温泉」
ひなびた佇まいの落ち着いた雰囲気が魅力の、リピーターの多い観光地ですが、
日本最古の化石が発掘された、化石産出地としても知られているのをご存じですか?
今回は、太古のロマンに身を馳せる!福地温泉の「福地化石館」のご紹介です。

標高1,000mの福地が、4億年前は海底だった!?

△福地化石館の館内

福地温泉の中心部にある「昔ばなしの里」。
館内に
併設された『福地化石館』には、福地より出土した貴重な化石が多数展示されています。

奥飛騨温泉郷福地周辺は、古生代の化石産地としても知られており、とりわけ焼岳の西側にある「一の谷」周辺の福地層は、ハチノスサンゴなどのデボン紀を示す化石を含む地層として知られています。福地層は、日本におけるデボン紀層を代表する地層となっているのです。
一の谷は日本有数の化石産出地として、1.4ヘクタールにわたって国の天然記念物に指定され、立ち入りが制限されています。

展示物は、初心者にも分かりやすく展示されているので、とても興味深く見ることができます。
福地で産出された化石は、どれも海の生き物たち。
山々
に囲まれた標高1,000mの福地が、約4億年前は海の底であったことに驚くばかりです。

奥飛騨の大自然の成り立ちをここで学んだ後は、また違った視点で福地の自然を感じることができるかもしれません。福地に訪れた際には、ぜひ来館してみてください。

4億年前の奥飛騨にあった海を
再現したジオラマ

四放サンゴ(しほうさんご)
デボン紀前期

ハチノスサンゴ(デボン紀前期)

 歴史ロマンを感じながら、温泉地で楽しむトレッキング

初心者から楽しめるトレッキングルートとして人気がある、標高1,671mの「福知山」
山頂展望台からは、槍ヶ岳から穂高の稜線、新穂高の谷間を真正面に見下ろすことができ、素晴らしい大展望となっています。

登山中は景色だけではなく、道端の石にも目を止めてみてください。
登山道に見られる石灰岩の転石には、化石が含まれていることがあるため、登山を楽しみつつ、太古の奥飛騨に思いを馳せてみてはいかがでしょうか。
※化石の持ち出し・割る等の行為は禁止となっています。

 復活した化石遊歩道を歩こう!

自然の風雪などによって踏みいることが難しくなっていた遊歩道が整備され、2022年10月より利用できるようになりました。

化石遊歩道の入口は、福地山の登山口と同じ場所にあり、1周約400m程。
10分程度でまわれるため、散歩をしながら、層孔虫(そうこうちゅう)やサンゴの化石などを見つけることができるスポットです。(登山道との合流はできません)
3つのポイントで化石群を見ることができるので、岩肌などをよく観察してみてください。
※化石の持ち出し・割る等の行為は禁止となっています。
※雨や雪などで足元が悪い場合は、中止するなど、安全には十分に注意してください。

 石動の湯(いするぎのゆ)

化石探訪を楽しんだ後には、囲炉裏をしつらえた古民家「昔ばなしの里」で一休みするのもおすすめです。囲炉裏を囲んで五平餅や高山ラーメンなどの食事ができる食事処や、日帰り入浴が楽しめる「石動の湯」があり、露天風呂から見える、北アルプスや山里の景色に癒されながら温泉を楽しむことができます。
冬期、露天風呂はお休み。

営業時間12:00~16:00
定休日水曜日(臨時休館有)
石動の湯入浴料料金300円(小学生~大人)※冬季露天風呂閉鎖
駐車場30台

福地化石館

〒506-1434  岐阜県高山市奥飛騨温泉郷福地110 
営業時間8:00~16:00
定休日不定休
料金無料
駐車場30台
【福地温泉観光協会 福地化石館】https://www.fukujionsen.com/enjoy/02.php

氷と光の共鳴 平湯ナイトスノーシューの旅

この冬限定!地元ガイドと巡る、平湯の夜

恒例の「平湯大滝結氷まつり」期間中に合わせて、ガイドと巡る夜のアドベンチャーツアー。

スノーシューを装着し、-10度以下にもなる夜の平湯を探検します。
普段見られない冬の動物と出会い。静寂の森の中で深呼吸。
未知の夜の世界を、専門ガイドが案内してくれます。
更に、平湯大滝結氷まつりに参加し、雪の大地で打ち上げる花火を堪能できます。

飛騨地域特有の民芸手作り体験もあり、思い出の詰まった作品をお持ち帰りいただけます。
温かいドリンクと飛騨菓子を食べ、寒い冬の夜を満喫した後は、ご宿泊のお宿の温泉でゆったりあったまってください!

※約3時間のナイトツアーで、外での滞在は約2時間となります。
平湯の夜はとても寒い(-10℃)ため、暖かい服装(冬用防寒着)、滑りにくい履物(スノーシュー装着の為、登山靴等がベスト)が必要です。

【開催期間】2023年2月15日(水)~2月25日(土) 18:00~21:00
【集合時間】17:50 ※時間厳守
【集合場所】御食事処あんき屋
【ツアー料金】特別モニター料金 16,500円 → 4,500円
【料金に含まれる物】ガイド料金、スノーシューレンタル料金、民芸体験料金、地元食材試食料金。

【ツアー内容】
 あんき屋集合 → 飛騨民芸「花もち作り体験」 → 夜間スノーシューガイドツアー(又はライトアップそり遊び) → 平湯大滝結氷まつり → 花火観覧(20時から) → あんき屋であたたかいドリンクと飛騨菓子 → 解散

詳しくは、氷と光の共鳴 平湯ナイトスノーシューの旅をご覧ください。
※リンク先のサイトより予約可能です。参加ご希望日の3日前までにお申し込み下さい。

新穂高ロープウェイ「スノーシューハーフデーツアー」

未踏の白銀の世界を体験!スノーシューで白銀の世界へ!

草木が生い茂り、普段は入ることが出来ない森の中へも、雪のある時期だからこそ、鍋平高原の自然をスノーシューで満喫することができるんです。
雪の中でのハイキングで新しい世界を発見してください。ビジターセンターのガイドが白銀の世界をご案内いたします。

【期 間】2023年1月上旬~2023年3月中旬 
※積雪の状況により変動あり。※積雪や天候状況によりツアー中止の可能性もあります。

【場 所】鍋平高原

【参加費】

  • 大人4,500円・小学生(高学年)3,300円(ガイド・レンタル一式セット)
  • 大人4,000円・小学生(高学年)2,900円(レンタルウェア不要の場合)
  • 大人2,500円・小学生(高学年)1,800円(レンタル一式不要の場合)

【日 程】

  • 午前の部:集合10:00/解散12:00 
  • 午後の部:集合13:00/解散15:00

【予 約】※要予約
●お電話の場合 新穂高ビジターセンター「山楽館」 0578-89-2254 (9:00~15:00)
※予約制となります。実施希望日の3日前までにご予約ください。
Webの場合【アクティビティジャパン】※以下のリンク先より予約可能です

【持ち物】

  • 手袋(軍手程度のものでOK)
  • 毛糸の帽子
  • ゴーグルもしくはサングラス
  • 口を覆えるもの(マスク、ネックウォーマーなど 新型コロナ対策として)
  • ご自身のスキーウェア(上下)※全てレンタルの方は不要です

【服装】

  • 長袖、長ズボン
  • インナーウェア(気温により調整できるもの)

※スノーシューハーフデーツアーは積雪状況により中止となる場合があります。あらかじめご了承ください。1月上旬の開催に関しましては積雪・降雪状況により開催できない可能性が高くなります。

詳しくは、新穂高ロープウェイのホームページにてご確認ください。
新穂高ロープウェイ:https://shinhotaka-ropeway.jp/
スノーシューハーフデーツアー

■スノーシューハーフデーツアーの体験記は、こちらでご覧いただけます(2021年1月)
 鍋平高原 スノーシューハーフデーツアー

Skip to content


上へ戻る