MENU

北アルプスの蝶

クジャクチョウ  画像提供:飛騨乗鞍観光協会

 みなさんは、高山蝶という言葉を聞いたことがありますか?
 高山蝶とは、森林限界より上部の高山帯で見られるチョウで、本州中部以北の高山およびその近傍の渓谷、高原などに限って分布する一群の蝶類です。厳しい環境に対応するために特殊な進化をとげたものも多く、平地の蝶とは違った特徴を持つ貴重な蝶たちです。中には絶滅危惧種に指定されているものも。

 北アルプスでは、平地に生息する蝶ももちろん見られますが、中には北アルプスでしか見られない珍しい高山蝶も見られるんです!

 今回は、乗鞍を含む北アルプスで見られる蝶、高山蝶を紹介します。

【クジャクチョウ】

 イラクサ科植物の生える山地の草原に生息。成虫は花の多い草原や樹林縁の開けた草地などでよく見られます。高山蝶ではありませんが、乗鞍では畳平のお花畑辺りでの生息を確認されています。

 明るい茶色と大きな目玉模様がクジャクの羽のようにみえることから名づけられました。

画像提供:岐阜聖徳学園大学

【タカネキマダラセセリ】
環境省:準絶滅危惧種指定  岐阜県:絶滅危惧II類指定

 亜高山帯の樹林周辺の高茎草原や草付き、崩壊地や急峻な崖、川幅の広い渓流沿いや低木が生い茂る小さな沢の周辺に生息します。岐阜県では北アルプスの麓、奥飛騨温泉郷で確認されたことがあります。

 翅を広げた大きさ30mm前後の蝶です。翅の色は茶褐色で黄褐色の斑紋があり、裏面には黄褐色の斑紋が見られます。

画像提供:岐阜聖徳学園大学

【ミヤマモンキチョウ】
環境省:準絶滅危惧種指定  岐阜県:絶滅危惧II類指定

 本州中部の森林限界以上の高山帯にのみ生息し、尾根付近のハイマツ帯や山腹の食樹のある草地に見られます。岐阜県でも北アルプスの高山帯に限定してみられます。

 翅を広げた大きさは40mm前後の蝶です。翅の色は雄は黄色、雌は白色で共に翅の外側に黒い帯状の紋があります。近縁種のモンキチョウにはこの黒帯に黄紋があり識別できます。

画像提供:岐阜聖徳学園大学

【クモマツマキチョウ】
環境省:準絶滅危惧種指定  岐阜県:準絶滅危惧種指定

 亜高山帯の日当たりの良い渓流、転礫の多い川原、源頭などやや開けた環境に生息します。低標高地では耕作地や人家が点在する道路などで発生することがあります。岐阜県では乗鞍岳以北の高山帯で確認されています。

 翅を広げた大きさ40mm前後の蝶です。翅の色は黄白色で雄の前翅端は橙色、雌にはこの橙食色部がありません。雄雌とも翅裏面には灰緑色のモザイク模様があります。

画像提供:岐阜聖徳学園大学

【オオイチモンジ】
環境省:絶滅危惧II類種指定  岐阜県:準絶滅危惧種指定

 本州では、標高1000m〜1600mの山地帯〜亜高山帯下部の渓流沿いに生息します。国内でこの蝶が見られる西限が、北アルプス南端の乗鞍周辺といわれています。

 翅を広げた大きさ70mm前後の蝶で、翅の地色は黒褐色で青色の光沢をもち白い斑紋を持ちます。後翅の外縁には橙褐色の斑紋列があります。雌は雄より大型で白紋も大きいです。

画像提供:岐阜聖徳学園大学

【コヒオドシ】
岐阜県:準絶滅危惧種指定

 標高1200m付近の亜高山帯下部にあたる針葉・広葉混交林の林縁や渓流沿いに生息します。岐阜県では飛騨北東部などで確認されています。北アルプスの上部で見られるものは発生地から離れて飛来したものです。

 翅を広げた大きさ45mm前後の蝶です。翅表は赤色と黒色の斑紋、裏面は黒色の地色で褐色と縞模様を作り、種の同定に困る類似種はいません。

画像提供:岐阜聖徳学園大学

【ベニヒカゲ】
環境省:準絶滅危惧種指定  岐阜県:準絶滅危惧種指定

 北アルプス、白山山系の標高1500m〜2200mのガレ場、草原、池塘などに生息します。

 翅を広げた大きさ約37〜43mmの蝶です。翅表は黒色の地色で、外縁沿いに橙色の紋がありその中に黒点が並びます。雌の後翅裏面には白色帯と黄色帯の2つのタイプがあります。

画像提供:岐阜聖徳学園大学

【クモマベニヒカゲ】
環境省:準絶滅危惧種指定  岐阜県:準絶滅危惧種指定

 高山帯下部の森林限界付近に多く、ダケカンバやミヤマハンノキなどの疎林に囲まれた草地を好みます。岐阜県内では北アルプスの北ノ俣岳から乗鞍岳にかけての高山帯に生息します。

 翅を広げた大きさは35mm前後の蝶です。翅の地色はエンジ色をおびる黒褐色で、翅のやや外よりに橙色の帯状紋があり、その中に小さな黒色紋が列をなしています。

画像提供:蝶の生態写真様

【タカネヒカゲ】
環境省:絶滅危惧II類指定  岐阜県:絶滅危惧II類指定

 本州中部の飛騨山脈と八ヶ岳の高山帯の尾根付近に限って生息し、ハイマツの生える緩やかな砂礫地に生息します。岐阜県内では西穂高岳から北ノ俣岳にかけて分布し笠ヶ岳にも記録があります。

 翅を広げた大きさは40mm前後の蝶です。翅の色は淡褐色で後翅裏面にモザイク状の模様があります。

画像提供:岐阜聖徳学園大学

【ヤリガタケシジミ】
環境省:絶滅危惧II類指定  岐阜県:絶滅危惧I類指定

 アサマシジミの高山種です。ナンテンハギの生える火山性の大規模な草原や、山地帯〜亜高山帯の日当たりのよい乾燥した草原を好んで生息します。岐阜県内では北アルプス南端、飛騨北東部で確認されています。

 翅を広げた大きさは30mm前後の蝶です。雄の翅の色は明るい光沢のある青紫色。雌は黒褐の地色に黄褐色の三日月型の斑紋列が翅の外縁に沿ってあります。

絶滅危惧種について(環境省):https://www.env.go.jp/nature/kisho/hozen/redlist/rank.html

貴重な動植物を未来に残すために

 北アルプスでみられる蝶の多くは、高山植物の踏み荒らしにより生育状況が著しく悪化したり、愛好家による乱獲によって絶滅の危機に晒されているものが多くいます。大切な生態系を守るためにもみなさんの協力が必要です。

希少な動植物の保護活動:https://www.pref.gifu.lg.jp/uploaded/attachment/90505.pdf

【参考サイト・文献】

環境省:http://chubu.env.go.jp/blog/2019/06/post-836.html
    https://www.tuyukusa-hirayu.com/images/2013/11/kannrikeikakusyo2502.pdf
岐阜県:https://www.pref.gifu.lg.jp/page/4343.html
    https://www.pref.gifu.lg.jp/uploaded/attachment/143420.pdf
埼玉県:http://www.pref.saitama.lg.jp/a0508/red/documents/16reddatabook-chourui.pdf

乗鞍岳の動物

 これまで、乗鞍岳で見られる植物や野鳥をご紹介してきましたが、実はとても標高が高く寒冷な乗鞍岳には、一般によく知られているツキノワグマ以外にも、天然記念物に指定されているニホンカモシカや、もっと小型の可愛くて可憐な哺乳類などが、厳しい環境でもたくましく生活しています。今回は乗鞍岳に生息する野生動物をいくつかご紹介します。

ツキノワグマ

画像提供:飛騨乗鞍観光協会

 乗鞍岳では畳平周辺での目撃情報が多く、近年でも頻繁に目撃されています。

 ツキノワグマは,黒色の体毛と丸く比較的大きな耳を持ち、胸の三日月型の白斑が特徴的で、木登りが得意です。
 食性は雑食ですが、肉食よりも植物食が多く、木の実や新芽を好んで食し、夏場には昆虫なども食します。
 高山帯に生息するツキノワグマでは,夏期には高標高地(2,100~2,300m)に生息していますが、秋期には低標高地(1,000~1,500m)の落葉高樹林帯に生息地を移動させます。
 近年、ツキノワグマが大量の果実の種子を、消化によって破壊することなく遠方に運ぶ、種子散布者としての役割があるのではないかといわれています。
 ツキノワグマは本来臆病な動物なので、優れた聴覚・嗅覚を駆使して人との接触を避けて生活しています。ツキノワグマ生息地ではクマ鈴などを携行し、クマに人間が近くにいることを知らせましょう。クマは、むやみに人を襲ったりしない動物です。もしもクマを目撃した場合は、クマを刺激せず静かに立ち去りましょう。

ニホンカモシカ

カモシカ親子

 ニホンカモシカは乗鞍岳では畳平周辺を含む広範囲で目撃されており、乗鞍岳ふもとの高山市丹生川町の山林や人里などでも度々目撃されているなじみ深い動物です。
 二ホンカモシカは本州、四国、九州の山地に生息する偶蹄目ウシ科ヤギ亜科の動物で、日本の固有種として学術上貴重な種とされ、1955 年には特別天然記念物に指定されました。

 基本的に単独行動を好み、縄張りを形成して、あまり広範囲には移動せず暮らしています。食性は草食で、縄張りの範囲内の草本を少量食べて生活しています。
 好奇心が強く、人を見ても逃げることはなく、反対に人を観察に来ることもあるそう。

続きを読む

飛騨山脈魅力発見!コミュニティ通信第5号の発刊のお知らせ

2019年11月に創刊し、不定期で発行している「中部山岳国立公園及びその周辺地域」の魅力をお伝えする、手作りのコミュニティ通信の第5号を発行致しましたので、お知らせします。

今回はロゴマークの紹介、ジオサイト紹介コーナー、ジオパーク講演会、第2飛騨高山学会について紹介していますので、ぜひご覧ください。

過去のコミュニティ通信は、以下よりご覧いただけます。
https://hidasanmyaku-gifu.jp/investigate/data/

乗鞍岳の野鳥のご紹介

国の天然記念物、ライチョウ

 乗鞍岳は、日本でも北アルプスなどの高山帯のハイマツ林にしか生息しないライチョウを始め、高山帯・亜高山帯に住む、普段の生活では見られない貴重な野鳥を見ることが出来ます。
 乗鞍岳では雄大な山や湖、可憐な花に目が行きがちですが、そこに住む鳥たちも個性豊かで魅力たっぷりなのです。今回は、乗鞍岳で見られる野鳥の代表的なものをご紹介します。

続きを読む

乗鞍岳の植生のご紹介

お花畑 (画像提供:飛騨乗鞍観光協会)

 乗鞍スカイラインでは、平成15年(2003年)からマイカー規制を行い、また、ボランティアによって外来植物除去作業を行うなどで乗鞍の貴重な植生を守る活動をしています。
 そんな地道な活動が実り、近年はまた高山植物が少しずつ増えてきました。今回はそんな乗鞍の貴重な高山植物を紹介します。

続きを読む

乗鞍岳の7つの池のご紹介

大黒岳からの眺望 (画像提供:飛騨乗鞍観光協会)

 乗鞍岳には、23の峰がある他にも、7つの池があり、それらも乗鞍岳周辺の雄大な自然の景色をより一層引き立たせてくれています。

 火山の活動により形成された火口湖や溶岩流の堰止湖、通年で雪が消えない氷食湖など、今回は見どころいっぱいの乗鞍岳の池を紹介します。

乗鞍岳で最も高い位置にある権現池は日本第2位の標高を誇っています!

権現池 (画像提供:飛騨乗鞍観光協会)
続きを読む

乗鞍岳の23峰のご紹介

乗鞍の山々(画像提供:いこまいか高岡)
乗鞍岳の山々 (画像提供:いこまいけ高岡)

 乗鞍岳というと「日本一高所を走る乗鞍スカイライン」や「バスで気軽に行ける高山」というワードを思い出せれる方が多いのではないでしょうか。
 今回は、そんな身近な乗鞍岳をもっと詳しくご紹介します。

「乗鞍岳」は、剣ヶ峰を主峰とする23の峰の総称です

剣が峰2
画像提供:飛騨乗鞍観光協会
画像提供:パノラマ飛騨
画像提供:パノラマ飛騨
乗鞍本宮
画像提供:激藪の隙間より

【乗鞍剣ヶ峰(けんがみね):標高3,026m】

別名「権現岳」とも呼ばれています。乗鞍岳最高峰の山で、山頂には岐阜県向きの乗鞍本宮と長野県向きの朝日権現社が創建されています。

続きを読む

国民保養温泉地のご紹介

今回は、中部山岳国立公園の岐阜県圏内にある「国民保養温泉地」についてご紹介します。

平湯の湯

国民保養温泉地とは?

国民保養温泉地とは、温泉の公共的利用増進のため、温泉利用の効果が十分期待され、かつ、健全な保養地として活用される温泉地を「温泉法」に基づき、環境大臣が指定するもので、昭和29年から指定が始まり、令和元年10月現在では、全国で80箇所が指定されています。
国民保養温泉地として指定を受けるためには、下記の条件を満たしている必要があり、特に温泉の泉質が療養泉で湯量が豊富であり、自然環境、まちなみ、歴史、風土、文化等の観点から保養地として適しており、温泉療法医等と連携していることなどが求められます。続きを読む

第2回 飛騨高山学会を開催します

 岐阜県中部山岳国立公園活性化推進協議会では、(一財)飛騨高山大学連携センターと飛騨・世界生活文化センター指定管理者飛騨コンソーシアムと連携して第2回 飛騨高山学会を開催します。

 自然分科会では、地元、岐阜県立斐太高等学校、岐阜県立飛騨高山高等学校の生徒や、岐阜大学をはじめ、様々な大学や研究機関が、岐阜県の中部山岳国立公園及びその周辺地域をフィールドに、調査、研究、開発を行った成果について発表します。

 学会当日は地元の高山市立北稜中学校の全校生徒が合唱で皆様をお迎えいたします。また、発表の様子はYoutubeでライブ配信をしますので、遠方の飛騨山脈ファンの皆様はどうぞご覧ください。(YouTube配信について詳しくはチラシをご覧ください)

※学会の参加には、事前申し込みが必要です。

*詳細*

■主催:一般財団法人 飛騨高山大学連携センター
■開催日:令和2年12月5日(土)
■時間:13:15~18:00
■会場 :飛騨・世界生活文化センター(岐阜県高山市千島町900番地1)

◇申し込み方法◇
令和2年12月3日までに電話、FAX、またはメールで参加者の氏名、住所、連絡先(電話番号、メールアドレス)をお知らせください。

【お申込み・お問い合わせ】
一般財団法人 飛騨高山大学連携センター 岐阜県高山市千島町900番地1
TEL:0577-57-5366 FAX:0577-57-5377
mail:hidatakayama@renkei-center.jp

詳しくはこちら~繋がるキャンパス~飛騨高山学会について

Skip to content


上へ戻る